前へ
次へ

七五三のお祝いのマナーについて

七五三は子どもの成長の節目になる3歳・5歳・7歳の年に、健やかな成長を氏神様に感謝するものです。昔は数え年でお祝いをしていましたが、現在では満年齢でお祝いをすることが多いです。お祝いの金額の相場は、平均5000円~20000円程度となっています。現金のほか、晴れ着やおもちゃ、文房具、図書カードなどを贈るのが一般的です。11月15日より前の10月中旬から11月の始めの時期に贈ります。表書きには「七五三御祝」と記入し、水引はのし付きの紅白蝶結びにします。内祝いの場合、いただいた金額の半額程度の品物をお返しするのが一般的です。表書きは「七五三内祝」とし、紅白蝶結びの「のし紙」をつけます。お礼状も一緒に添えるとより丁寧です。

Page Top