前へ
次へ

七五三の内祝いを贈るときのお礼状

七五三の内祝いを贈る前に、お礼状を添えると喜ばれます。そのお礼状に子供の所信を添えるとよいです。お礼状は、はがきより封書のほうが丁寧ではありますが、身内の場合は写真入りのはがきでも良いです。文章は、「拝啓、紅葉の季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか」と述べます。そして、お祝いを頂いた感謝の気持ちを述べて、子供の成長や七五三を行った際やお宮参りの時のことを伝えてください。最後には、「まずは書中にてお礼申し上げます」と添えます。内祝いを頂いたら、できるだけ早く出す方が良いです。体調が良くないと、難しいこともありますが、正式ではないメールは避けて電話か封書、はがきで行いましょう。お祝いを頂いた気持ちを伝えましょう。

Page Top