前へ
次へ

七五三の内祝いマナー

七五三の子供がいるお宅では、一般的に、神社にお参りするようです。その際、初孫などでは、親せきからお祝いをいただく場合もあるようです。七五三の内祝いのマナーとして、遠方から、お祝いをいただいた場合その内祝いに、子供の写真などを添えて、記念の品と一緒に贈ると喜ばれるようです。その年齢の子供が、健やかに育つように始まったようです。地方などでは、数え年七歳の場合、七草がゆを七件のお宅でもらうなど、七五三よりも、そちらの方だけするところもあるようです。しかし、時代の流れで、そういうものも少しづつ変わってきているようです。七五三の内祝いのマナーも、時代の流れで、すこしずつ変化してきている場合もあるようです。

Page Top